専門学校で学ぶことでマンガ家デビューを果たそう
ロゴ

専門学校でマンガやイラストについて知ることで夢の階段をのぼる

面白いマンガを自分の手で作り上げる

最近は多くのマンガが人気を集め、アニメ化や実写ドラマ化など、様々な形で取り上げられます。自分もそんなマンガを描いてみたいけど、どんな風にしたらいいか分からない人も少なくはありません。そんな時こそマンガ専攻の専門学校に足を運んでみましょう。

マンガ家を目指す人の頑張っていること

no.1

自分自身の画力を日々上げている

マンガ家になるには、一番重要視しなくてはいけないのが画力になります。面白いストーリーを考えるだけの知識があれば、多少画力が低くても戦うことはできますが、それはとても難しいことです。そのため、多くのマンガ家志望は自分の画力の底上げを頑張ります。

no.2

1つの作品を必ず完成させる

マンガ家はマンガを仕上げてなんぼの仕事になります。そのため、画力やストーリー作成も重要ですが、マンガを1本完成させることも大切なことです。キレイな絵が描けても、面白いストーリーを考えることが出来ても、1つの作品に仕上げられないと意味が無いことから2位に選ばれました。

no.3

編集担当のアドバイスにもめげない

マンガ家と二人三脚で頑張ってくれるのが編集担当さんです。たとえまだデビューが出来てなくても、担当として付いてくれる人もいます。そんな担当さんですが、アドバイスがとても辛口な人もいます。けれどそれは、自分の担当しているマンガ家の卵が孵ってくれることを信じてのことです。そこでめげるのではなくバネに変えられる頑張りを見せることが大切です。

専門学校で学ぶことでマンガ家デビューを果たそう

コミック

マンガ専攻には様々な授業がある

マンガ専攻を受講したからといって必ずしもマンガ家を目指さなくてはいけないわけではありません。マンガの技術を学びながらも、イラストレーターになったり、ゲームのキャラクターデザイナーになる人もいます。イラストについてのノウハウを学ぶことこそが、マンガ専攻の強みなのです。また、アナログマンガやデジタルマンガなど、マンガの種類も増えてきています。

マンガを描いたのなら投稿してみよう

多くのマンガ専攻の専門学校では、マンガ雑誌の編集部の方が直接学校へ訪れてくれる事があります。その際に審査会という形で今までのマンガを審査してもらうことがあります。その際にアドバイスや評価をいただくこともあれば、その瞬間に編集担当が決まることもあります。そのため、他のアマチュアのマンガ家志望よりもデビューが近くなります。

卒業した後はどんな道へ

マンガ専攻の専門学校を卒業したからといって、すべての人がマンガ家になれるわけではありません。しかし、マンガのノウハウを学んでいるために、マンガ賞の審査員がどのような点を見ているかを、他の人よりも熟知しています。そのため、投稿する雑誌の審査員がどこに注目するかのポイントを押さえたマンガを描くことができます。

マンガ家のアシスタントを体験して

忙しいけど先生の仕事を間近で見られる

マンガ家のアシスタントを行なって、多くの仕事が回ってきたりするからとても大変だった。でも、先生の仕事を間近で拝見して、そのようなやり方でマンガが出来上がるかを知るのは貴重な体験。また、細かいけど必要な作業を体験できたのも、今後に活かすことが出来ると思った。

広告募集中